農地を宅地に変更したい -地目変更登記-

農地を宅地に変更したい地目変更登記とは、土地の用途や使用目的に変更があった場合に、登記簿の内容も変更する手続きのことです。

山林や畑等だった土地に家を建てて宅地に変更したときなど、その変更があった日から1カ月以内に土地地目変更登記の申請が必要です。

地目変更登記とは

地目というのは、その土地の用途目的を表します。例えば住居が建って人が住んでいるような土地は「宅地」、農耕地で用水を利用しないで耕作する土地は「畑」といったように、土地には地目が登記されています。

地目変更登記は、登記されている地目を変更し、その土地を別の目的で使用するためにおこないます。

なお申請は変更の時から1ヶ月以内に申請を行わなければなりません。申請をしなかった場合、罰則があり10万円以下の過料に処せられます。

 

参考

不動産登記法 第三十七条                                                 1 地目又は地積について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人は、その変更があった日から一月以内に、当該地目又は地積に関する変更の登記を申請しなければならない。

2 地目又は地積について変更があった後に表題部所有者又は所有権の登記名義人となった者は、その者に係る表題部所有者についての更正の登記又は所有権の登記があった日から一月以内に、当該地目又は地積に関する更正の登記を申請しなければならない。

不動産登記法 第百六十四条
1 第三十六条、第三十七条第一項若しくは第二項、第四十二条、第四十七条第一項(第四十九条第二項において準用する場合を含む。)、第四十九条第一項、第三項若しくは第四項、第五十一条第一項から第四項まで、第五十七条又は第五十八条第六項若しくは第七項の規定による申請をすべき義務がある者がその申請を怠ったときは、十万円以下の過料に処する。

 

Copyright© 2011- ナガイ事務所 -土地家屋調査士 永井孝明- All Rights Reserved.