メインイメージ

土地家屋調査士の主な業務

農地を宅地に変更したい -地目変更登記-

農地を宅地に変更したい地目変更登記とは、土地の用途や使用目的に変更があった場合に、登記簿の内容も変更する手続きのことです。

山林や畑等だった土地に家を建てて宅地に変更したときなど、その変更があった日から1カ月以内に土地地目変更登記の申請が必要です。

 詳しくはこちら

土地を買う予定がある -境界確認-

土地を買う予定がある土地を購入したものの、現状が地積測量図と異なることがあります。そのため事前の確認が重要です。

土地家屋調査士は隣地所有者の立会い確認や官公署の図面をもとに土地の境界を確定する測量を行います。

 詳しくはこちら

相続などで土地を分けたい-土地分筆・合筆登記-

相続などで土地を分けたい一筆の土地を二筆以上に分けることを”分筆登記”反対に二筆以上の土地を一筆にまとめることを”合筆登記”といいます。

相続や贈与、土地の売買等、土地の正しい分割、合併が必要な際はご相談ください。

 詳しくはこちら

建物を新築した -建物表題登記-

家を新築した建物を建てたときは、1カ月以内に”表題登記”の申請をしなければなりません。”表題登記”とは未登記建物の所在地、床面積など、物理的状況を明らかにする登記です。

また従前の建物を取壊した時は”滅失登記”が必要になります。

 詳しくはこちら

家を増改築した -建物表題部変更登記-

家を増改築した増改築などで所在や構造・床面積等に変更が生じた時は、表題部変更登記をしましょう。

建物の所在、種類、構造、床面積などが変わりますから、登記簿と状況を一致させなくてはなりません。

 詳しくはこちら

Copyright© 2011- ナガイ事務所 -土地家屋調査士 永井孝明- All Rights Reserved.